千葉の地元産野菜や果物

全国有数の農業県である千葉県には、全国上位に位置している地元産の野菜や果物が多数あります。
八街市などで栽培されている落花生は、味の良さから消費者の強い支持を得ています。
香取市や成田市などで栽培されているさつまいもは、焼きいもやふかしいも、甘煮などに調理すると美味しいです。
そして、かぶは主に柏市や松戸市などが産地で、現在はほぼ1年中出荷されています。
漬物や酢のもの、みそ汁や油炒めなどで美味しく食べられます。
それから、坊主不知ねぎや、あじさいねぎなどの品種がある千葉産のねぎは、主に柏市や茂原市などで栽培されています。
坊主不知ねぎは白身の部分が柔らかく、柔らかさと甘みを生かした食べ方が適しています。
市原市や香取市などで生産されているさやいんげんは、お浸しや煮物、天ぷら、和え物など、様々な料理に使える野菜です。
さらに千葉は土壌条件や気象条件に恵まれているため、梨の栽培に適しています。
旬の時期は8月から9月ですが、7月下旬から10月中旬まで時期によって出回る品種が変わるので、様々な味を楽しむことができます。
また、千葉はびわの産地でもあり、大粒でみずみずしいのが特徴です。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/